前へ
次へ

教育資金をためる方法を知りたい方へ

教育資金をためるには、どんな方法があるのかお教えします。
まず、ほとんどの方が学資保険を利用しています。
これは、生命保険と貯蓄がセットになっていて、万が一、契約者の方が死亡して支払う事が出来なくなった場合でも、お子さんの学資を確保する事が出来ます。
それから児童手当などを無い物として貯蓄をしておく方法です。
これは、決まった銀行口座に振り込みされるため、引き出ししない限り貯蓄をする事が出来て便利です。
また、他には、自分で決まった金額を貯蓄する方法や、定期などで貯蓄をする事で、引き出す事を抑える事が出来ます。
お子さんの学資として必要な金額は、全て公立で通った場合でも一人当たり1600万円程度かかります。
他にも、習い事や塾などが必要になる場合があるので、出来るだけ小さい頃から始めておくと便利です。
ちなみに私学へ通った場合には3000万円以上、医学部や薬学部などに通った場合にはそれ以上の費用がかかると考えておきましょう。

Page Top